FC2ブログ

11

30

コメント

必要最小限の処方

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。

さて先日、武庫川女子大学の薬学講座シンポジウム
に参加した件を前田講師がアップしましたが、
(私は賢者ブログにアップしましたので、よろしければ見てくださいね。
http://ameblo.jp/medisere/entry-11092537829.html

その次の日は、神戸薬科大学学術講演会に参加いたしました。
(私は神戸薬科大学卒、武庫川女子大学大学院卒なので、公平に。笑)

神戸薬科大学の学術講演会では、東京大学澤田康文先生が
「薬剤師ならではの薬物相互作用チェック!」
を御講演くださいました。

そこで、興味深い事例を聞きました。
ある患者に処方されていた薬の28日分。

1日分でなんと40種類!


そして、3月に震災起こりました。患者が3月16日に来局したとき、
震災により薬が足りない現状を踏まえ、
「必要最小限の処方」が義務付けられたことにより、
その患者の1日量は

40種類から14種類に減った。

その結果、患者の容体は悪くなったか?
NOである。
むしろ、自分も何かしなければと外に出るようになり、
また、薬剤性の便秘が改善された。

この話を聞き、私は非常に考えさせられました。
薬剤師は常に震災等なくとも、患者に「必要最小限の処方」
という視点を持つべきではないでしょうか。

私達は自分のことに置き換えて患者さんを見ているでしょうか。
自分が1日40種類の薬を飲まないといけないとなると、どうでしょうか。
なんだかそれだけで落ち込みます。

私は小さい頃、母に「相手の気持ちになって考えなさい。」
とよく言われました。
今、自分が母となり、わが子にも
「相手の気持ちになって考えてみて。
それをされたら嬉しいのか、嬉しくないのか。
それを行動の基準にしてね。」と言います。
薬剤師も患者さんを、「もし自分だったら・・・」
という視点を忘れず、薬剤師のできることを考えていきましょう!

11

27

コメント

武庫川女子大学薬学講演 30回記念シンポジウム

こんにちは!!生化学・分子生物学担当前田でございます。
国家試験96日前となりましたね。ここからが正念場ですよ!!

さて私は、昨日、しゃっちょうと武庫川女子大学で開催された、
「第30回薬学講座 記念シンポジウム」に参加してきました。



このシンポジウムの基調講演は、な、な、な、なんと!!

鳥越俊太郎さん!!
近くで見ないと!と思い、一番前をGET!!

間近で拝見することができました。



鳥越さんは、2005年にステージⅡの大腸がんと宣告されました。
それから、2007年には、肺に転移が確認され、ステージⅡからステージⅣの大腸がんとなりました。
ステージⅣの5年生存率は20%。
何度も手術をされ、抗がん剤を服用されています。

がん患者である、鳥越さんから見た薬剤師はどのようなものなのか、また、
これから薬剤師にもとめるものは何か、講演していただきました。



講演のなかで、薬の専門の薬剤師がなぜ、薬を処方しないのか。
これが、鳥越さんが私たちに投げかけた言葉でした。

医師が処方した薬を調剤するのが薬剤師の仕事です。日本では薬剤師は、薬を処方していません。
しかし、将来、医薬分業として、薬剤師が処方する時代がくるかもしれません。
アメリカではすでに薬剤師が処方して薬をだしていますしね。

そのために、今薬剤師にできることは
何事も勉強する積極性(たとえば、処方の仕方や聴診器の使い方)、人との積極的なコミュニケーションなど、
一人一人が積極的に行動することが大切ではないでしょうか。

このシンポジウムでは、他、兵庫県を代表する、
三宅圭一先生、平井みどり先生、森山賢治先生、桒原昌子先生も講演され、
本当に自分がこれからどうあるべきなのかを考えることができたシンポジウムでした。


また、薬学講演に参加して、みなさんにご紹介したいと思います!




11

26

コメント

しゃっちょうは見た!~北陸大学編2~

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。

さて先日、私は金沢にある北陸大学に行ってきました。
私が気になっていたのは、大学付属薬局、ほがらか薬局。それは校内にありました。

「日本一、処方せん枚数が少ない薬局かなぁ。」木下課長のつぶやき・・・
そりゃぁ、校内にあるのですから、使う人は限られますよね。笑
でも、学生さんには間近に現場があるので、教育的にはいいですよね。


次に見せていただいたのが実習室。
平屋の巨大な実習室。さすが北陸!強みの広大な土地を存分に使っています。

そして、おトイレにも机が・・・・トイレでも勉強しろと?

あ、男子トイレだった・・・汗 女子トイレにも机がありました。
そして、私が一番気になったのは、コレ↓

本棚なのですが・・・

児島「これ、なんですか?」
木下課長「ベッドです。」
べ、べ、ベッド???面白い!ここで寝てみたい!
でも・・・
「ここで寝てもいいんですよね~。」
「そうですよ。」
「寝てみたいけど、みんなの注目の的になりません?」
「・・・そうですね。」
そうですよ。落ち着きませんよ!寝れませんよ!!
模擬試験悪かった者は、罰として、ここで眠る事!
ていう罰ゲームのような・・・
でも、寝てみたいような・・・
気になる・・・
おもしろい大学です!

追伸 金沢グルメは賢者ブログにアップしま~す。


11

25

コメント

しゃっちょうは見た!~北陸大学編~

こんにちは。
メディセレのしゃっちょう、児島惠美子です。
私、よく高校生に「どの薬学部が良いと思いますか?」と聞かれることがあります。
そしてこのブログ、薬学を目指す高校生も見てくださっている、ということを知り、
「しゃっちょうは見た!大学バージョン」を少しずつお伝えしようと思います。
薬学生のみなさんも他大学を知りたいのでは?

とゆーことで、先日行った北陸大学を見た!からスタート。

北陸大学のキャンパスに「小鳥の巣箱」を発見!

春になると小鳥が帰って来てくれるのかしら?なんか、素敵。
そんなことを思いながら薬学の校舎に入ると、
金沢市のインフルエンザ発生データが貼ってありました。

手作り感満載。学生さん達が創ったのかしら。
さすが、薬学生!
そして、11月が予防接種開始!と書いてあります。
メディセレスクールでも、先日予防接種をやりましたよ!

大学構内はウッディー調。
わぁ、この本棚、素敵!昔の映画に出てきそう。
あ、松本営業本部長、本を盗んじゃだめよ。

おや?コンセルジュ発見!大学にコンセルジュ。面白いですね~。

なんとも温かい笑顔で迎えてくださいました。萌え~。

「メディセレの児島ですが、木村先生の所に伺いに来ました。」
ということで、木村先生のお部屋に行きました。
先生お自ら、コーヒーを入れてくださって出してくださったのですが、
これが、本格的なカプチーノ。
そして、横に置いてあるのは・・・

「先生、これ、お砂糖ですよね。」
「そうだよ。」
「構造式を貼ってあるのですか?!」
「うん。そうしたら、少しでも学生が覚えてくれるかと思って。」
先生、そのお考え、素晴らしい!!!
薬学に来て、まずみんながつまづくのが構造式。
しかもスクロース(ショ糖)。それを身近にするために、コーヒーを飲むたびに見せる。
先生、さすがです!メディセレでもやっていいですか?

さて、今度はコンセルジュさんに
「学務課課長、木下さんはいらっしゃいますか?」
ということで、木下課長とお話しさせていただきました。
この木下課長・・・できます。経営感覚をお持ちです。
今世界で、日本で何が起こるかわからない時代。
何に価値があり、どのように価値が変わっていくのか・・・。
組織を支える為には、必ず組織に経営感覚を持った人間が必要です。

あ、経営感覚をみなさんと磨こうという企画を練っていますので、お楽しみに!

つづく

11

19

コメント

第6回次世代の薬剤師を創る会(その3:最終回)

物理化学・物理薬剤学・薬物動態学・製剤学担当の横田修です。
2011年11月13日(日)Medisere大阪校にて「第6回次世代の薬剤師を創る会」が開催されました。


今回、特別講演をしてくださった大林浩幸先生の講演のつづきです(最終回)。

最後に、海外のデバイスをご紹介します。


これは、「レディへラー」です。フタを開けて、オレンジのボタンを押すだけです。




これは、「イージーレラー」です。フタを開けたら、お薬が充填されています。
後は吸い込むだけ。2つとも非常に操作が簡単です。

ものづくり大国、日本!
このようなものを製作することは容易に思えます。何とか日本から最良の吸入器具が生まれることを望むばかりです。


次世代の薬剤師を創る会では、薬剤師の生涯教育の一環として、年3回勉強会を行っております。
第7回は6月3日(日)in 大阪校メディセレスクールにて、
第8回は9月22日(土・祝)in 東京校メディセレスクールにて、
第9回は11月11日(日)in 大阪校メディセレスクールにて開催されます。
認定薬剤師に必要な単位(点数)も1度ご参加いただけると「3点」、
3回ご参加いただけるとなんと合計9点ゲット!!できるので、気軽に足を運んで下さい。


11

18

コメント

第6回次世代の薬剤師を創る会(その2)

物理化学・物理薬剤学・薬物動態学・製剤学担当の横田修です。
2011年11月13日(日)Medisere大阪校にて「第6回次世代の薬剤師を創る会」が開催されました。

今回、特別講演をしてくださった大林浩幸先生の内容を紹介させていただきます。
(大林先生は、今月1日より東濃中央クリニックの院長に就任され、また東濃喘息対策委員会委員長として岐阜県内の「喘息死ゼロ作戦」推進役としてご活躍されている先生です。)


前回のつづきです。
さて、優れた吸入デバイスとは…

見ただけで患者さんがすぐ使える」――――――――

というものです。
先生がお茶で例えられていました。
「皆さんは、お茶を飲みたいときに、ペットボトルのお茶を取り、キャップを開け、お茶を飲み、飲み終わったらフタを閉めますよね。」
それぐらい見ただけで自然にできるくらい簡単なものが最も優れたデバイスだそうです。

しかし、優れたデバイスは必ずしも最良のデバイスとは限りません。
優れたデバイス≠最良のデバイス」――――――――


では、その吸入デバイスのお話です。

患者一人一人の吸入デバイス操作で、スムーズに行われずに戸惑ったり誤ったりした操作(ピットホール)を見つけ出し、その部分を意識して重点的に吸入指導を行うことで、最良の効果を得ることができます。




では、ピットホールの例について述べます。
ここで、1つ注意点です。

今から説明するピットホール例は、吸入デバイスの欠点や欠陥ではなく、主に患者側の要因(患者の加齢現象、癖や性格、体調等)によるものです。
デバイス自身は十分な開発費用と期間をかけたものであり優れている吸入器具であることをまずご理解ください。



患者は、この写真の吸入剤をどのように使われるでしょうか???



正しくはこのように使います。(モデル:前田順美先生)
しかし、すべての患者さんは、医療の知識をもっていて、きちんと水平にするとは限りません。
患者さんが無能なのではありません。患者さんにとっては初めて出会う器具…
何の説明なしでこんな風に使う人がいるかもしれません。
(後ろの倉元涼先生の顔も気になりますが…)


まさに、「医療人常識≠患者の常識」なのです。
本当に初めて使う患者への説明は、まず「キャップを開け水平に持って…」から説明を始めるべきなのです。
先生のおっしゃることに非常に共感できましたし、今までの自分の方が無能であったと感じました。


そして、高齢者などの患者さんは若年者と違って、押す力も十分にあるとは限りません。
ジム大好き筋肉モリモリの前田先生が持っているように、高齢者の押す力は親指と小指で挟んで押したぐらいしかないのです。
私も公演中、試してみましたが…


年に1回だんじりを曳きまわしている私でさえ、力が入らず驚きました。
高齢者の方は想像している以上に体力などが衰えています。

だからといって、治療を止める訳にはいきません。
そこで、吸入の扱い方が困難な患者さんのために様々な吸入補助器(スペーサー)があります。


これは、デュオペーサーでシュッとすると、楕円形の中に薬がたまります。
シュッとしてから2秒後でも50%以上残っているため、シュッとした後で吸っても局所的副作用(口腔・咽頭刺激感、咳き込み)を防ぐことができますし、吸入剤として十分効果があります。


少し小さいですが、これは容器を入れて赤いレバーを本体ごと握れば、軽い力でくすりがシュッと出てくる器具です。これを使えば、楽に吸入できます。
これらの補助器具は一部ですので、メーカーに問い合わせれば無料でいただけたりします。
学生さんは実習や薬剤師として現場に出たときに是非お試しください。


患者さんの「癖、加齢現象、個性」で吸入が成功するかどうかかかっています。
何度も述べますが、器具としての欠点はほとんどありません。
医療人は「患者さんのために患者とデバイスの『仲人』にならないといけない」とおっしゃっていました。
大林先生の著書の表紙にもありましたように、「患者さんの話をよく聞いて」「患者さんをよく見て」「患者さんとよく話して」、吸入デバイスの使用方法を的確に伝えなければなりません。
薬剤導入前に、変更後に、そして、その後も定期的に患者さんの個性や癖、加齢現象などの変化を把握しなければなりません。
仮に、使用初期にピットホールがあった吸入デバイスでも患者がそれを意識するように吸入指導し、その後正しくスムーズな吸入が行われるようになれば、その患者の最良のデバイス候補になり得ます。
医療者は、ただ薬剤を処方するのではなく、ただ調剤するのではなく、吸入デバイスと患者との相性も考え、その後の継続的な吸入指導を行い、患者にとって最良のデバイスとの出会いを手助けする必要があります。
現役薬剤師の先生方でも実習の学生さんでも現場に出たとき、不自由に感じたものがあればどんどん発信すべきと思います。
ふとしたきっかけで、それが後々大きな発見、患者さんにとって大きな手助けになる可能性があります。
皆さんも本当の「親身」になって患者さんのことについて考えてみてはどうでしょう?
思わぬ「ピットホール」を発見できるかもしれませんね。


11

17

コメント

第6回次世代の薬剤師を創る会

物理化学・物理薬剤学・薬物動態学・製剤学担当の横田修です。
2011年11月13日(日)Medisere大阪校にて「第6回次世代の薬剤師を創る会」が開催されました。今年度、ラストの開催になりました。




今回の次世代の薬剤師を創る会の内容(以下、勉強会)は、3部構成で行われました。

第一部:「一般口頭発表 4題」
第二部:大林浩幸先生による「患者吸入指導のコツと吸入デバイス操作法のピットホール」
第三部:倉田なおみ先生による「薬剤師のソコヂカラ」


私にとって非常に興味深い内容がありましたので、みなさんにお伝えしたいと思います。
私は、大学院生時代の薬局アルバイトおよびメディセレ薬局研修のとき、カウンターの前に立って様々な患者さんに服薬指導しました。そこで、ずっと疑問に思っていたことが1点あります。

「この吸入ってみんなちゃんと使えてるんかなぁ……」――――――――

私も薬剤師という立場ですので、使い方は知った上で患者さんに情報伝達を行っていましたが、この講演を聴いて、私はきちんと伝えた「つもり」になっていた気がします。
今回、大林先生のお話を聞かせていただいて吸入デバイスの特徴や使い方、患者さんに伝えるべき注意点について再認識することができました。


第6回次世代の薬剤師を創る会の中から、笑いあり引きつけられるとこありの大林浩幸先生の「患者吸入指導のコツと吸入デバイス操作法のピットホール」を紹介させていただきます。



大林浩幸先生です。
大林先生は、今月1日より東濃中央クリニックの院長に就任され、また東濃喘息対策委員会委員長として岐阜県内の「喘息死ゼロ作戦」推進役としてご活躍されている先生です。



座長をして下さったメディセレの川上絢美先生です。右手に持っているのは、大林先生著書の「患者吸入指導のコツと吸入デバイス操作法のピットホール」です。以前、メディセレで購入させていただきました。これ一冊で市場に出ている吸入デバイスの使い方がわかります。
なんとチェックシートも付いているので、患者さんとのやりとりもスムーズにいきます。



まずは、喘息死の現状として、吸入ステロイド製剤の普及により減少しています。しかし、高齢者に絞った推移をみると、高齢者の死亡は増えているそうです。この原因として、吸入デバイスをうまく使いこなせていないことが挙げられます。喘息の第一選択は、吸入ステロイド製剤です。

大林先生がおっしゃるには…

「喘息死は必ず防ぐことができる!!」――――――――

とのことです。喘息コントロールが良好な状態に持っていくには、吸入デバイスを使いこなすことで喘息死を防ぐことができるそうです。高齢者は一度使用法をわかったと思っても、2週間後ぐらいの再診時に確認したら自分流の操作法となっている場合や、突然それまでできていた操作手技ができなくなる場合もあります。
そこで先生がおしゃっていたのは…

医療人常識≠患者の常識――――――――

であるのかということです。
エアゾール?ドライパウダー?患者によって好き嫌いがありますし、吸入したときのにおいが好きな人、嫌いな人もいます。同じデバイスでも操作できる人、できない人…様々です。
吸入ステロイド製剤の期待する効果を得るには、吸入薬が肺の炎症部位に効率的に送達されることが大前提であり、医師が処方時にいかに適切なデバイス選択を行うかが要となります。そして、患者さんに対してより効率的でわかりやすい吸入指導を継続的に行っていくことも医療従事者の課題です。

本体を回転させたり、立てにプッシュしたりと吸入デバイスも色々あります。
その中でも優れた吸入デバイスとは……


次回に続きます\_(・Д・´)

11

01

コメント

薬剤師のソコヂカラ

お久しぶりです。
衛生(健康・環境)担当の小倉佑介です。

昼と夜の寒暖の差が大きくなっていますので、
みなさん体調管理には気をつけてくださいね。

さて、当校では次世代の薬剤師を創る会という勉強会を企画しています。

6月大阪で、9月東京で開催し、盛況のうち終了しました。
今年度はもう一回、11月にメディセレ大阪校で開催します。

この勉強会は、薬剤師の活躍できる場面を、
また薬剤師の視野を広げる支援を目的としています。



そんななか、面白い記事を目にしました。
日本薬剤師会が行った「2010年度薬剤服用歴活用、疑義照会実態調査」結果によるものです。

記事題目は、
薬剤師 薬学知識を活かし疑義照会‐7割が処方変更とありました。


薬剤師が薬学的知識を活かして疑義照会を行った結果、
7割で「処方変更」がなされ、
仮に疑義照会が行われていなければ2割で「患者に健康被害」が、
3割で「医師の意図通りの薬効が得られない」など、
薬物療法への悪影響が推測されるとの調査結果が出ました。


疑義発見のタイミングを見ると、
「処方せん受付時」が52.6%と最多で、
次いで「患者の薬歴確認時」22.4%、
「服薬指導の時」21.1%が続いた。


疑義照会の内容については、
「薬学的内容に関する疑義」が82.3%、
「処方せんの記載漏れや判読不能」が16.2%であった。


この薬学的内容に関する疑義内容としては、
「用法に関する疑い」が24.3%と最も多く、
次いで「処方意図」の20.2%、「投与日数・投与量等」15.2%の順に多かった。


オーダリングシステムの普及などにより、
処方せんの単純な記載ミスは減ってきているものの、
一方で、薬剤師が薬学知識を活かして行う疑義照会の割合が増えています。

このような調査結果から薬剤師のチカラが発揮されていることを見て、うれしくなりました。





話は戻りますが、
11月13日(日)に「第6回次世代の薬剤師を創る会」を実施します。

今回は、倉田なおみ先生(昭和大学薬学部 薬剤学教室)による薬剤師のソコヂカラという講演があります。
これからの薬学社会でどのような意識、誇りを持って活躍すべきかということを講演いただきます。

また、特別講演では、呼吸器専門医の大林浩幸先生(東濃厚生病院)による「吸入指導」など、
現場ですぐに活用できる演題ばかりです。

現役生の方も含め、一人でも多くの方に参加して頂ければ幸いです。
是非お待ちしています。

お申込はこちら


「次世代の薬剤師を創る会」HPはこちら




プロフィール

メディセレスクール大阪校

Author:メディセレスクール大阪校
メディセレ大阪校の教室ブログです。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad