FC2ブログ

08

01

コメント

講義後伸びる人、伸びない人(ここで差がつく!)

こんにちは、川上(絢)です。
長い期間、小倉講師の「裏・カンボジア」から更新されていませんでしたね。
じつは、「空飛ぶ薬剤師」という題名で、
しゃっちょうの児島講師がブログを更新する予定でしたが、
現在その原稿が迷子です。
本当に飛んでいってしまいました…

そろそろ予備校の夏期講習や大学での国家試験対策講義がはじまるころですね。
Medisereでも夏期講習を行います。
来たれ!現役生!

さて、Medisereの夏期講習の宣伝はこれくらいにしておきまして…

講習会を行いますと、時々講習会の最後に
「どのくらい講義内容が身についたか」
をテストで確認することがあります。

全く、同じ講義同じ時間聞いているのにもかかわらず、

成績の良い人成績の良くない人がでてきます。
本来、同じ講義を同じ時間聴講し、同じ内容のテストを受けているのですから、
単純に考えれば、全員同じ成果が得られるはずです。

「人間なんだから、全く同じになるはずがない!」と、
思った方もいらっしゃると思います。
確かにそうです。
人間、能力はそれぞれです。
得意分野もそれぞれです。
ですが、もし私がこの現象を
「個人個人違うのだから…」
ですましていたのでは、予備校講師として失格です!

実は、「結果がでる人」と「出ない人」では講義中の習慣が全く違います。
どういうことかというと…

先ほど、「Medisere夏期講習会」の写真を掲載しました。
その写真手前に帽子をかぶった学生さんが座っています。
彼が着ていた洋服は何色でしたか?
(もちろんスクロールして、戻ってはいけません。
思い出してみてください。)








…………………………………………。













なかなかすぐには出てきませんよね…。












正解は、













「黒」です。

実はこれはものすごく重要なことで、漠然とを物を見たり、聞いたりしたのでは、
「どんなものを見ましたか?」
「何がありましたか?」
「何個ありましたか?」
などと質問をされても、簡単には思い出せません。
ですが、写真を見たときに予め
「洋服の色が聞かれる!」
とわかっていれば、容易に先ほどの質問に答えられたはずです。
むしろ、こんなに簡単な質問はない、と感じるくらいでしょう。


つまり、
同じものを見たり・聞いたりしていても、
予め質問されることがわかっていれば、
意識して情報をインプットするので、
記憶に残りやすくなるのです!


ようするに、漠然と講義を聞いてはいけないのです。
短時間の講義で結果を出す学生さんは、

常にアウトプットを意識しているのです!

これがテストで問われる、
これとこれは違いが問われる、
これは、この定義が聞かれる…
ここはこんな風に問われる…
などというように、常にアウトプットを予測しています。

この習慣があると、まず第一に学習のポイントがブレません。
これはとても大切なことです。
短時間で結果を出すためには、最重要ポイントを要領よくおさえることです。
出題されるかどうかわからない範囲は、直接得点アップにはつながりません。
このようなところは後回しでよいのです。
(もし、後回しにしすぎて手を付けられなかった、
という事態が生じても心配いりません。
おそらく本番の試験に出題されることはないでしょうから…
たとえ出題されたとしても割合はほんのわずかです。)

このような効率的な学習を実現させるためにも、
アウトプットを意識することが大切なのです。

薬剤師国家試験に限らず、資格試験対策の講習会では、
当然、講義で情報をインプットしたら、
その後、模擬試験や、資格試験本番でアウトプットをさせられます。
ですから、単に参考書の文字を目で追ったり、右から左へ書き写すだけでは、
結果は出ません。

どこが、
どのように
問われるか


これを意識して講義に臨んでみてください。
結果は大きく変わります。

そして、この方法は、講義だけでなく自己学習にも応用できます。
通常、多くの現役4年生の方達は、参考書や過去問題集を片手に自己学習を進めていると思います。

この時に、まず「問題」からやりましょう。
あまり時間をかけずに、さっと問題に目を通します。
そのあとで、出題されていたところを集中的に読みます。
参考書の全てに目を通す必要はありません。
こうすることで、ぶ厚〜い参考書もピンポイントで読むことができます。
効率よく学習ができるわけです。

大学生活4年間の内容が出題されるわけですから、
まともに全てを網羅する(100点満点を目指す)勉強法では、
時間がいくらあっても足りません。
そこで、このアウトプットを意識した学習を皆さんにおススメめします。

折角、夏期講習会を受講される方、高い受講料を払い、
貴重な時間を費やすのですから…

では、また!
暑い日が続いています。
体調管理に気をつけながら、この夏を乗り切ってください!
応援しています!
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://medisereosaka.blog.fc2.com/tb.php/181-a374eb45

プロフィール

メディセレスクール大阪校

Author:メディセレスクール大阪校
メディセレ大阪校の教室ブログです。

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad